「四万十(しまんと)」 ドキュメンタリー映画プロジェクト


 

ドキュメンタリー映画「四万十~いのちの仕舞い」(仮題)は、四万十市で診療所を営む内科医小笠原先生と、四万十川流域で暮らす人々との交流を見つめながら「本当の豊かさ」や「本当の幸せ」をテーマに描きます。2018年新春の公開を目指し、高知県四万十市にて撮影を続けています。

 

 

■映画について

この映画は、四万十川河畔で診療所を営む内科医小笠原先生と、四万十川流域で暮らす人々との交流を見つめながら「本当の豊かさ」や「本当の幸せ」について探ります。

■ご協賛のお願い

映画を通じて沢山の方に「本当の豊かさとは、本当の幸せとは?」というテーマに触れて頂けます様、皆様の温かいご支援をお願いいたします。

 

■フォトギャラリー

四万十の風景をフォトギャラリーでご覧頂けます。

 


■新着情報

まとめてお読みになるならこちら→


【東京へ!】

劇場公開の打ち合わせで東京へ。

お台場~虎ノ門~渋谷~新宿~銀座・・、東京は広い。

クタクタになって大都会東京を後にしました。

 

来年は映画の上映で、全国各地をクタクタになるくらい飛びまわれますように!

【最終仕上げへ】

某国営放送局も使っているスタジオで映像の最終編集。

タイトルやエンドクレジットを追加しました。

 

自分の名前やスタッフの名前がロールスーパーで画面に映し出され感動。

早く映画館で見たいな。

【ナレーション録音】

映画作りもいよいよ大詰め。ナレーションの録音です。

四万十から小笠原先生にもお越しいただき、録音。

 

その後は大阪の美味しいものでプチ打ち上げ。

どんな感じに仕上がっているかは映画を見てのお楽しみ!

【音楽の録音】

大阪市内のスタジオで挿入曲を録音しました。

音楽はギターの生演奏。映像に合わせてその場で収録していきます。

 

めちゃめちゃいい感じになりましたよ!

 

最後はおじさん達が記念撮影。完成をお楽しみに!

【高知へ!】

早朝、大阪をバスで出発して高知市へ。協賛スポンサー様へのご挨拶です。

 

はりまや橋や竜馬像がお出迎え。

 

ご挨拶のあとは感謝の気持ちで八幡神社にお参り。帰りもバスで、あっという間の高知滞在でした。

【「はたも~ら」に再登場!】

高知西南地域の情報誌「はたも~ら」10月号にて再び映画製作情報を掲載いただきました。ありがとうございます!

 

「はたも~ら」はフリーの情報誌。観光案内所やホテルなどで手に入ります。

他地域の皆様はWEBからでも閲覧できますのでぜひぜひご覧ください。

 

はたも~ら

【ご協賛いただきました!】

高知のドコモショップ代理店「イコピコモバイル」様より映画製作へのご協賛をいただきました。

ありがとうございます!

高知県南国市の「南国おおそね店」を訪問しました。明るくて広いお店でした!

 

映画製作は撮影の最終段階を迎えています。

これから編集作業へと進み、年内に完成。年明けにはお披露目、劇所公開が出来るよう進めております。

 

引続き、皆様のご支援をお待ちしております。

何卒よろしくお願いいたします!

 

ご協賛いただいた皆様

【高知市へ】

今日は四万十市を離れ高知市へ。

協賛頂いた企業様や、関係者へご挨拶。

後は高速をひた走り、夜には大都会大阪へ帰ってきました。

【ロケ 五日目】

諸事情により午前中はホテル待機。

合間をみていつもの一條神社にお参りしたり、赤鉄橋を散歩しました。

 

午後は先生に同行したり、川の撮影を行ったり。

今日も四万十の山々に日が落ちていきます。

【火振り漁】

今回ロケのハイライト、火振り漁の撮影がありました。

 

火振り漁は日が落ちてから、川面をライトで照らして鮎を追い込む漁です。今回は「屋形船なっとく」さんの協力を得て、松明も燃やしていただきました。

どんな映像になっているのか、映画の完成が楽しみです。

2017/5/10 小笠原先生の新著「診療所の窓辺から」の販売を開始しました。

■監督日記(ブログ)

2016年11月に撮影を開始しました。2016年クランクインから2018年新春の劇場公開まで、映画製作の裏側をブログ形式で綴ります。


-平成28年12月7日(水)- 訃報

 携帯電話に小笠原先生からの着信があったのは前日12月6日の午後7時過ぎだった。

その着信に気づいたのは、10時間近く過ぎた翌日の午前4時頃だった。


続きを読む 0 コメント

■おすすめコンテンツ


フェイスブックページ

関連情報

溝渕雅幸監督 劇場公開作品第一弾

「いのちがいちばん輝く日~あるホスピス病棟の40日~」

の情報は以下サイトでご覧いただけます。